SEO的に効果がない・悪影響な2つの被リンク

SEO的に効果がない・悪影響な2つの被リンク

【この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です】

最近、開業後の事務所サイトの参考にするために行政書士事務所を中心に多くの士業サイトを見ています。

これ良いアイデアだなぁ、と感心するものもあれば、こうすればもっと良くなるのに、とおせっかいながらも思わずアドバイスしたくなってしまうページなど、先生方がホームページにかける姿勢や思いが大いに感じられて飽きません。

しかし、それらページを見ていると、SEO対策、特に外部対策について少々間違った認識を持っている方がいらっしゃるのが気になります。

SEO対策とはYahooやGoogleの検索結果画面でサイトを上位表示させること。
その中身は様々ですが、大まかに分けると「内部対策」と「外部対策」の2つに分けられます。

ものすごく簡単に言ってしまえば、内部対策はサイトの質を向上させること、外部対策は被リンク数を増やすことと捉えていただけると分かりやすいですね。
どちらがより重要というわけではなく、どちらも行い相乗効果を狙うことが効果的です。

しかしこの外部対策、他サイトから自サイトへのリンク数(被リンク数)を単純に増やせば良いんだと考え、SEO的にはゼロ、もしくはマイナスのやり方をとっていらっしゃる方が意外と多いんですね。

努力は一向に報われず、逆に検索結果が下がるばかり。
そんな悪循環に陥らないよう、「SEO的に効果がない・悪影響な2つの被リンク」と題して肝に銘じておくべき2つのポイントをまとめました。

nofollow(ノーフォロー)タグが付いている被リンクは意味がない

nofollow(ノーフォロー)」とは読んで字のごとくfollow(フォロー)がno(ノー)。リンク先のサイトについては私はフォローしません(責任を持ちません)という意味です。

責任を持たないのだからリンク先の評価も「0」なわけで、nofollowタグが付いている被リンクをいくらもらっても(例えそれが10000のリンク数であっても)SEO的な効果は全くありません。

例えばアメブロのブックマークからのリンクやヤプログからの全リンク、これらには自動的にnofollowが付きますのでSEO的には全く意味がないのです。
ですのでアメブロでブログを沢山作り、それら全てから自サイトにリンクしたとしても時間の無駄です。

なお、無料ブログ・ホームページは無料という性質上、質の低いスパムブログ・スパムサイトが集まりやすく、Googleからのペナルティを受ける可能性が非常に高いものになっています。
今は問題ないとしても、リンクがnofollowに置き換わるシステム変更がいつあるか分かりません。無料サイトからだけではなく、様々なサイトからの満遍ない被リンクを心掛けましょう。

更に、SEO対策を謳って無料ブログ・ホームページからの被リンクを沢山集めることをいまだに行っている業者も多く存在します。SEO対策を外注する際にはその作業内容も気にするようにしてください。

アダルトサイト・アングラサイトと繋がる可能性があるサイトとはリンクしない

アダルトサイト・アングラサイト・その他反社会的な内容を持つサイトとの直接リンクはもちろんのこと、サイトをワンクッション挟んだとしてもリンクはしないようにしましょう。

これらサイトへのリンクはSEO的に強いマイナスです。

例えば誰でも登録出来るリンク集。これらはネット上には数多く存在しますが、これらに登録する際にはその管理体制に注意して下さい。
充分に管理されているリンク集であればSEO的に登録する価値があると思いますが、自動リンクのように登録したものが無審査で全て掲載されてしまうものであれば登録は控えた方が無難です。

同業種や類似業種が揃うリンク集や、Yahooのカテゴリ登録のように良質なところ(有料ですが)に登録することをお勧めします。

以上、簡単ですが2つのポイントをまとめました。参考までに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

伊藤 リョウ合同会社代表社員・行政書士・Webデザイナー・ファイナンシャルプランナー(2級FP技能士)

Web関連会社を平成19年に設立。現在まで作成を中心としたITトータルサポートを行っている。
平成25年度行政書士試験に合格(一般知識は満点)。Webと行政書士業の幸福な関係構築を目指し平成26年5月、行政書士事務所開設。
静岡県出身。藤枝東高校・立命館大学産業社会学部卒業。元和菓子職人という異色の経歴を持つ。
既婚。2児の父。趣味はランニング(フルマラソンベスト3時間41分)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る