私が使った行政書士試験模試

私が使った行政書士試験模試

【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です】

私の行政書士試験勉強法の中で、記事としてまとめていないのがもう一つありました。
それは模試について。

私の場合、通信講座も受けず、市販のテキスト・問題集のみを使って合格した言わば「完全独学」です。そのため模試についてはまた違った考えを持っていました。

それは「法律改正に対応するテキスト」としての側面です。

実は完全独学の場合、法律改正に全く対応出来ないんですよ。

通学や通信で勉強を行っている場合「法律改正セミナー」といった類の講座が用意されていますし、もしそういったセミナーに参加しなくてもテキストや追加資料等々で改正内容の周知徹底が図られています。

しかし独学の場合・・・、こういったサポートはほぼ無いに等しいんですよね。
良心的なテキストは追加コンテンツとして改正情報をwebに掲載していたりもしますが、その情報量はこれだけで問題ないと言えるほど充実しているわけではありません。

そのためそういった法律改正を問題を通して実際に理解するためのテキストとして模試を使用してたんですね。

そんな目的での使用ですので使った模試は多いです。以下の4つになります。

勉強時間の都合により以上をこなすに留まりましたが、時間が許せばもう数冊は解いておきたかったところです。
まぁ、合格したので良しとしましょう。

法律改正部分はもちろん、それぞれの出版社によって出版傾向は異なりますので全て良い書籍ですが、私と同じような目的で使うのであれば「行政書士2013年法改正と完全予想模試(成美堂出版)」をオススメします。

私が思うに、模試に限らず行政書士試験は多くの問題をこなしていくのがが合格への近道だと思います。
合格を目指すあなたも頑張って下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

伊藤 リョウ合同会社代表社員・行政書士・Webデザイナー・ファイナンシャルプランナー(2級FP技能士)

Web関連会社を平成19年に設立。現在まで作成を中心としたITトータルサポートを行っている。
平成25年度行政書士試験に合格(一般知識は満点)。Webと行政書士業の幸福な関係構築を目指し平成26年5月、行政書士事務所開設。
静岡県出身。藤枝東高校・立命館大学産業社会学部卒業。元和菓子職人という異色の経歴を持つ。
既婚。2児の父。趣味はランニング(フルマラソンベスト3時間41分)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る