ブログランキングは効果があるのか

38_original

【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です】

ブログを開設して数日経った頃からいわゆる「ブログランキング」というものに登録しています。

ブログランキングがよく分からない方は実際に見てもらうのが分かりやすいと思います。私が登録している代表的なランキングを紹介しますね。

ブログを登録することで、自分のブログの趣旨に近いカテゴリーの順位ランキングに参加する事が出来ます。
順位はブログからブログランキングに飛んできた数、逆にブログランキングからブログに飛んでいった数などにより集計される仕組みです。
要は、アメブロとライブドアブログといった違うブログサービスでも登録さえすれば同一ランキングに参加が可能なわけです。

今日現在、にほんブログ村には「経営」カテゴリー内の「経営者」と「事務所・オフィス」ランキングへ、人気ブログランキングには「社会・経済」→「士業」→「行政書士」へ登録しています。

現在のランキングは以下の通り。

にほんブログ村「経営」30位(参加7699サイト)
にほんブログ村「経営」30位

にほんブログ村「経営者」6位(参加895サイト)
にほんブログ村「経営者」6位

にほんブログ村「事務所・オフィス」1位(参加27サイト)
にほんブログ村「事務所・オフィス」1位

人気ブログランキング「士業」18位(参加162サイト)
人気ブログランキング「士業」18位

人気ブログランキング「行政書士」8位(参加72サイト)
人気ブログランキング「行政書士」8位
開設して1ヶ月経っていないブログですがなかなか良い順位にいるのではないでしょうか。

ところでブログランキングに登録した主な理由としてはもちろんブログの露出を上げることなのですが、さてこれについてはどのように貢献しているでしょう。
Googleアナリティクスのトラフィックから見てみます。

Googleアナリティクスのトラフィック
計測を始めた1月30日からのデータです。

「blogmura.com」のドメインからのリンクはすべてにほんブログ村からのものです。全て合わせると割合としては42~43%といったところ。
「blog.with2.net」ドメインの人気ブログランキングを加えればブログランキングで半分近いアクセスを集めているという結果になりました。

何よりも検索エンジンにも充分に認識されていないこの時期にアクセスを流入させることが大きいですね。

ブログ開設当初はほとんどアクセスがありません。

投稿記事や被リンク数が増えれば少しずつ閲覧者は増えていきますが、誰にもブログを読まれない日々がしばらく続くのはブログ継続に対するモチベーション維持にとって大きなマイナス。

そういった状況を補い、ブログの定着に持っていくという意味でブログランキングは貴重な存在ではないかな、というのが今回の自分の率直な感想です。
開設当初こそ効果あり、といったところでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

伊藤 リョウ合同会社代表社員・行政書士・Webデザイナー・ファイナンシャルプランナー(2級FP技能士)

Web関連会社を平成19年に設立。現在まで作成を中心としたITトータルサポートを行っている。
平成25年度行政書士試験に合格(一般知識は満点)。Webと行政書士業の幸福な関係構築を目指し平成26年5月、行政書士事務所開設。
静岡県出身。藤枝東高校・立命館大学産業社会学部卒業。元和菓子職人という異色の経歴を持つ。
既婚。2児の父。趣味はランニング(フルマラソンベスト3時間41分)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る