独学で合格するための行政書士試験勉強法

独学合格 行政書士試験勉強法

【この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です】

「独学で合格するための行政書士試験勉強法」
資格予備校のキャッチフレーズのようですね(笑)。

せっかくなので合格の熱気冷めやらぬうちに私の勉強法を紹介したいと思います。
もし行政書士の勉強法を探しているうちにこのブログに辿り着いた方がいれば参考になれば幸いです。

まず私のスペックや家族構成、学習環境について。

年齢は30代後半。大学は出ておりますが卒業してから約15年、勉強らしい勉強といえばFP技能士2級とカラーコーディネーター2級程度でしょうか。
家族構成は家内と子供2人。子供は上が4歳の女の子で下が1歳の男の子。一姫二太郎というやつですね。
手がかかるピークの年頃ですので育児には積極的に関わりました。
特に休日は殆ど子育てに費やしていました。
机で勉強することが出来たのは1日1時間あれば良い方。ですが滅多にそんな時間はありませんでした。

仕事は小さいながらもWeb関連会社の代表を務めております。
Web関連会社と聞けば印象は良いものの、現実は代表が率先して仕事を引っ張っていかなければなりません。中小企業のつらいところです(笑)。
仕事量を減らしてその分を勉強に当てる事など到底出来ません。

ではどうすれば良いのか。

答えは単純です。細切れ時間を有効に使うしかないわけです。
どんなやり方をするにせよ、勉強せずに学力が向上することは決してありません。

そうそう、言い忘れていましたが私の勉強は当然独学です。
この環境で専門学校への通学は不可能ですから。

良く受け取れば細切れ時間さえも利用しなければならない状況だったからこそ集中出来た、とも言えるかもしれません。
しかし本音を言えば勉強の環境としては劣悪だったと思います。

そしてそんな私が細切れ時間を活用するために利用したのはスマートフォンでした。

電車内でスマートフォンを操作している人を良く見ますよね。
私の場合、土曜日に上の子のキッズスイミングに付き添っていくことが多いのですが、そんな時でも見学席で保護者の方の半数位はスマートフォンの画面を見てなにやら操作しているんですよ。

そういう人たちは一体スマートフォンで何をしているんだろう?
正直に申し上げますと、気になって画面を覗き見したことが何回かあります(笑)。

そこで分かったことなんですが、そんな場合、大抵はゲームをやっていることが多いんです。

ある意味では、あの人たちも隙間時間を有効に利用しているわけです。

それとやることは同じです。ただ、ゲームが勉強に変わっただけ。
そんな時に役立つサイトとして、私は以下の2つを薦めます。

岡野の合格無料ゼミ 行政書士試験講座
行政書士試験!合格道場

岡野の合格無料ゼミについては機能制限がありますが無料でも利用できます。
試験過去問を中心に6000問以上が収録されており、基礎力を付けるには充分な内容です。

行政書士試験は過去問が役に立たない、特に旧試験の問題は難易度が低すぎて意味が無いと言われることもありますが、逆に考えれば旧試験程度の問題は楽々解けるの試験合格の前提、と捉えることも出来ます。
それならば自分の基礎理解力を着実に定着させるためにも過去問は一層大切な存在になるのではないか。私はそう思います。

なお、先程無料版は機能制限があると申し上げましたが、その制限の主たるものは1日に解ける問題数です。
無料版は回答数の限界が300問となっています。
こちらのサイトを使ってみた方はお分かりになるかと思いますが、300問は結構な問題数です。
積極的にサイトを利用していた私でも無料版で充分でした。
有料版へのアップグレードについてはサイトをよく利用した上で判断することが賢明です。

私の場合、5分空き時間があればこのサイトを開き問題を解いていました。大体5分で5問解けます。
それを繰り返して1日合計100問をノルマとしていました。

次に、行政書士試験!合格道場ですが、ここは岡野の合格無料ゼミでは物足りなくなってから利用しました。
試験まであと2ヶ月を切ってから使い始めたと記憶しています。

このサイトの特徴は問題、解説共に質が高いこと。

問題数は3000問程度と岡野の合格無料ゼミの約半分ですが、問題はオリジナルが大半を占めており、その難易度も本試験で狙われるレベルを意識しており実践的です。

たぶん、ここのサイトの問題の殆どが回答できるようになれば試験には余裕を持って合格できると思います。

解説も非常に分かりやすく、私のようにスマートフォンだけで勉強することが多かった者にとっては非常に有意義な時間を過ごせました。
2ヶ月弱のお付き合いでしたが、私が合格できるレベルにまで成長出来たのはこのサイトの存在が大きかったと感じています。
有料ですが、その価値は充分にあると推薦できます。

そうそう、念のため申し上げておきますが、別にこのサイトに登録したからといって私にバックマージンが入るわけでもありませんよ(笑)。
ただ、サイトの管理人様が急に亡くなられてしまったようで今後の運営が不透明なのが気になるところです。

勉強法をお教えするつもりが、隙間時間に使えるサイトの紹介に時間をかなり時間を取られてしまいました。
一旦ここで閉めましょう。

私もまとまった時間が取れるときはしっかりと机に座って勉強していました。
次回はその時に使ったテキストなどについてお話していきたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

伊藤 リョウ合同会社代表社員・行政書士・Webデザイナー・ファイナンシャルプランナー(2級FP技能士)

Web関連会社を平成19年に設立。現在まで作成を中心としたITトータルサポートを行っている。
平成25年度行政書士試験に合格(一般知識は満点)。Webと行政書士業の幸福な関係構築を目指し平成26年5月、行政書士事務所開設。
静岡県出身。藤枝東高校・立命館大学産業社会学部卒業。元和菓子職人という異色の経歴を持つ。
既婚。2児の父。趣味はランニング(フルマラソンベスト3時間41分)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Google+

ページ上部へ戻る